協会トップFIAのご案内国際交流国際理解外国人向け生活情報東日本大震災関連情報外国人向け防災情報リンク集利用規約サイトマップ

報告:外国出身者コミュニティでの日本語講座「防災訓練に参加し、防災の日本語を学ぶ」

平成29年度各種事業 実施報告・レポート

外国出身者コミュニティでの日本語講座「防災訓練に参加し、防災の日本語を学ぶ」
  • 日 時:平成29年8月27日(日) 10:00~15:30
  • 場 所:福島市蓬莱学習センター本館、福島県消防学校(福島県総合防災訓練会場)、福島県国際交流協会研修室
  • 講師:日本語講師:吉田千鶴子さん(猪苗代町国際交流協会副会長)、谷明子さん(もとみや日本語教室副代表)
  • 参加学習者:11名(中国出身者7名、タイ出身者2名、カンボジア出身者1名、ベトナム出身者1名)
  • 参加ボランティア:9名(日本出身者7名、中国出身者1名、ブラジル出身者1名)
  • 共催:蓬莱日本語教室

 蓬莱日本語教室に集う外国出身者11名が福島県総合防災訓練に参加し、防災の日本語を学びました。

 午前中は防災訓練会場で、実際に起震車に乗って震度6強を体験したり、避難所で炊き出しのカレーライスを試食したり、外国出身の学習者にとっては初めての体験をしました。午後は当協会の研修室に場所を移し、ボランティアも参加して、グループで日本語学習をしました。来日間もない日本語初心者にとっても日本に長く住んでいる日本語上級者にとってもそれぞれの日本語力にあった学びを得ることができました。

 最後に学習者から「自分の身は自分で守ることの大切さを学びました」と感想をいただきました。

ページのトップへ