協会トップFIAのご案内国際交流国際理解外国人向け生活情報東日本大震災関連情報外国人向け防災情報リンク集利用規約サイトマップ

レポート:国際理解講座「世界がもし100人の村だったら」

平成29年度各種事業 実施報告・レポート
  • 日 時:平成29年11月9日(木)10:30~12:00
  • 場 所:国見町立国見小学校
  • 対 象:6年生 73人
  • 講 師:幕田順子(当協会職員)
■■■

国見小学校6年生73人を対象に、国際理解講座「世界がもし100人の村だったら」を行いました。 体育館に紐で世界6大陸を形どり、6年生一人一人が世界の一人であると仮定して、役割カードに沿って体験的に世界の現状を学びました。

講座の中では、男性・女性に分かれてみたり、様々な言葉であいさつをしたりして多様性を体験しました。また、飴を世界の富に見立てて配分すると、あるグループではもて余すくらいの数の飴が配分されるのに、一方ではたった1個しか飴が配分されないグループがあるなど世界の格差を実感する体験しました。

担任の先生からは、「児童たちは、世界を世界地図で知っているけど、実際に紐で世界地図を形どると体験的に世界を見ることができる。休み時間には世界旅行をしたと言ってきた児童もいて、今後の授業の参考にしたい。」と言う感想をいただきました。

ページのトップへ