協会トップFIAのご案内国際交流国際理解外国人向け生活情報東日本大震災関連情報外国人向け防災情報リンク集利用規約サイトマップ

国際理解出張講座「地球の食卓」を実施しました。

平成30年度各種事業 実施報告・レポート一覧
(平成29年度はこちら)
  • 日 時:平成30年9月28日(金)10時~11時30分
  • 場 所:相馬市総合福祉センター
  • 参加者:15名
  •    相馬市でコープカレッジ第15期の講座の一つとして、国際理解出張講座「地球の食卓」を実施してきました。
     マリ、インド、エクアドルの各家族の1週間分の食材が写っている写真を見ながら、どこの国の家族の写真か、日本にある食材はどれか、逆にない食材はどれかなどをグループで話し合いました。そのあと、日本の家族の写真を見て、他の3つの国と比べて、加工品や調味料が多いこと、プラスチックの包装紙が多いこと、そして魚や果物、野菜などの食材が豊富であることなどを発見しました。
     参加者からは、「日本も昔は豆腐を鍋で買いに行った。便利になった分包装紙が増えごみも増えた。」、「最近テレビを見ていたら、今ははさみとレンジがあれば食事ができると言っていた。食材は豊富なのに調理法は貧弱になった。」などの意見があり、皆さん、改めて自分たちの食生活を見直す機会になったようです。
  •  

     


ページのトップへ