協会トップFIAのご案内国際交流国際理解外国人向け生活情報東日本大震災関連情報外国人向け防災情報リンク集利用規約サイトマップ

国際理解出張講座レポート

国際理解出張講座レポート「もし世界が100人の村だったら」


  • 日時:2016年9月2日(金)
  • 場所:須賀川市立西袋中学校
  • 対象:須賀川市立西袋中学校 1年生(93名)



 9月2日、須賀川市立西袋中学校1年生93人を対象に、「もし世界が100人の村だったら」の講座を実施しました。生徒たち一人一人に配られた役割カードには、性別や住んでいる地域、話す言語、文字が読めるかどうかなどが書かれています。それに従い、体育館の床にロープで描かれた世界地図の上に移動し、大陸毎の人口密度や、栄養状態の分布の違いを身をもって体験しました。また、世界の富の分配については、18人のグループには80個の飴(富を表す)配られる一方で、他の18人がたった1個の飴を分けなければならないという不公平な世界の現状を体験しました。

 生徒の皆さんからは、「世界の格差を知って悲しくなった。自分にできることから何か始めたい。」という感想などが寄せられました。

ページのトップへ