災害への取り組みを知る

  1. HOME
  2. 災害への取り組みを知る
  3. 緊急放送CD

緊急放送CD

「大規模地震発生時外国出身者向け緊急放送用CD」

CD

当協会では、大規模地震が発生した際、県内に住む外国出身者の不安を少しでも取り除くため、多言語による緊急放送用CDを制作しました。

このCDは、大規模地震が発生した直後から数時間に流す第1報と、その後数日間流す第2報の2種類です。
英語版・中国語版・タガログ語版(フィリピン)・タイ語版があります。
下記より、各言語の音声データ(MP3)をダウンロードすることができます。

日本語は入っていませんので、放送使用の際は、下記のような事前のアナウンスを行うことをおすすめします。

<第1報>(アナウンス文例)

これから英語(または中国語・タガログ語・タイ語)を理解する皆さんに向けての放送を約30秒間行います。その内容は、大きな地震があったが、慌てず、落ち着いて、身の安全を確保してほしいこと、揺れは何度か来ること、海の近くにいる人はすぐ高いところに逃げること、運転している人は道路の左側に車を寄せてほしいことについて伝えるものです。
それでは、英語(または中国語・タガログ語・タイ語)による放送を約30秒間行います。

日本語訳

大きな地震がありました。慌てず、落ち着いてください。
揺れは、何度かきます。
海の近くにいる人は、すぐに高いところに逃げてください。
運転している人は、道路の左側に車を寄せてください。
身の安全を確保してください。

音声データ

<第2報>(アナウンス文例)

これから英語(または中国語・タガログ語・タイ語)を理解する皆さんに向けての放送を約30秒間行います。その内容は、大きな揺れは収まったこと、揺れはしばらくの間続くこと、隣近所の人と助け合いながら落ち着いて行動すること、近くの学校や公民館が避難所になっていて、水や食べ物、毛布などがあることについて伝えるものです。
それでは、英語(または中国語・タガログ語・タイ語)による放送を約30秒間行います。

日本語訳

大きな揺れは収まりました。皆さん、落ち着いてください。
揺れはしばらくの間続きます。
隣近所の人と助け合いましょう。
近くの学校や公民館が避難所になっています。水や食べ物、毛布などがあります。
皆さん、落ち着いて行動しましょう。

音声データ

問い合わせ先

(公財) 福島県国際交流協会

〒960-8103 福島市舟場町2番1号 福島県庁舟場町分館2F

TEL
024-524-1315
FAX
024-521-8308