今日は私のタイのボランティア経験についての記事です。
高校1年の夏、初めて海外でのボランティアを経験したのがタイでした。
Chon boon Team という友人の運営しているボランティア団体に参加しました。

Chon Boon Team はタイを中心に活動をしているボランティア団体です。
Tシャツや帽子などチャリティーグッズをデザインし、販売したお金を年に一度教育機関や孤児院に寄付しに行きます。
その寄付金は子どもたちの教育費、靴などの生活必需品、建物の修繕、雌鶏の購入など必要不可欠なものに使われます。
2017年に行った教育機関では小・中学生の年代の子どもたちがソープカービングという、石鹸を彫って花の形にする伝統工芸品の作り方、像使いになるための訓練などを受けていました。手に職を付けることで、将来自分で稼ぐことが出来ます。
私が小学生だったころは毎日外で遊んでいたので、まだ小・中学生なのに将来の仕事のための訓練をしていることに驚きました。
その教育機関では、自分たちで育てた野菜を使って給食を作ります。また加工した野菜などを販売したり、子どもたちが作ったソープカービングを販売したお金で学校生活を送るための環境を整えていました。